Please reload

最新記事

レミニセンティア井上雅貴監督 イベント報告 その1

July 4, 2017

 

 

7月1日、2日とシネマクロールに井上監督をお招きし、トークショーを行いました。

その時の内容を少しずつアップしたいと思います。

 

本日はまず、なぜロシア?といったところから。

 

〇なぜロシアで映画を撮ろうと思われたのですか?

ロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフ監督の映画「太陽」にメイキング監督として参加した際に、ロシア人の映画の作り方、また映画に対する考え方に感銘を受け、ロシアで映画を作りたいと思ったそうです。

 

〇ロシア人の映画の作り方・映画に対する考え方とは?

ロシアの国民性は

「思ったことを素直に伝える」

「自分の意見を主張する」

よって年齢・職業関係なく、監督に「ここはこうしたほうがいい」と伝えるそうです。

すべては「みんなで素晴らしい映画に仕上げよう」という映画に対するリスペクト。

 

ちなみにロシア人に「あなたは何をやっている人ですか?」と聞くと

「絵を描いています」

「小説を書いています」

などと答える人が多いそうです。

これはソ連時代の「仕事=労働」といった概念からくるそうですが。

こういった文化的背景からも「映画を撮る」ということはロシア人にとっては大変すばらしいことで、「私に協力できることはないか」と撮影にとても協力的、とのことでした。

 

撮影当初では予定していなかった場所でのシーンが何か所かあるそうです。

「私の知り合いが〇〇で働いている。そこに都合をつけてあげるからぜひ撮影してきなさい」など。

 

トークショーの続きはまた明日アップします。

 

「もう一度、見たい!」というご要望にお応えして、映画の半券をお持ちの方は

リピーター割引900円でご覧になれます。

7日金曜日まで。みなさんのご来場をお待ちしております。

 

レミニセンティア 上映(89分) スケジュール11時、14時、17時、20時

当日券1,100円

シネマクロール 山口県下関市細江町2-2-10 3階

Please reload

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ

山口県下関市細江町2-2-10 3階​

TEL 083-227-4811

© 2017 cinema chlorine 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now